Top > こころの健康 > 「学習の効果」

「学習の効果」

あなたは「学習の効果」というものが、どのようにあらわれるか知っていますか?

例えば、英語の勉強をする場合、どのような感じで、英語の能力があがっていくか知っているでしょうか?

おそらく、多くの人は、1、2、3、4、5、・・・・・と1つずつ積み重ねていくものだと考えていると思います。

例えば、目標の学習レベルが仮に1000だとしたら、1、2、3、4、5・・・・・

と少しずつ積み重ね、1000日後に、ようやくレベル1000に到達すると考えているのではないでしょうか?

多くの人は学習の効果は、いわゆる単純な比例で伸びていくと考えていると思います。

学習の効果のあらわれ方なんて誰にも教わっていないので、そう思うのは仕方ありません。

しかし、学習の効果は単純な比例で伸びていかないのです。

学習の効果というものは、累乗(複利)で伸びていくのです。

2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024・・・・

このような感じで伸びていくのです。

ちなみに、累乗とは、同じ数を次々と掛け合わせることです。

恐怖症の改善も鈴木進の恐怖症改善方法を使えば、この累乗(複利)で伸びていくのです。

こころの健康

関連エントリー
「学習の効果」
カテゴリー
更新履歴
季節の変わり目(2018年9月29日)
アーチェリーの技術の変化(2018年8月29日)
ホットのシェイプ栄養食品(2018年5月15日)
冷やし中華と言えば夏(2018年4月21日)
掃除機能付きエアコンのクリーニング(2018年4月20日)